フィラリア薬を1ヶ月服用させるのを忘れた時はどうすればいい?

フィラリア薬を1ヶ月与え忘れがあるのは、管理に問題があります。ですが、慌てず自分を責めずに落ちついて獣医に確認しましょう。獣医から指示を仰ぎ指示に従いましょう。フィラリア薬の服用をわすれないように管理のしかたを考えましょう。

フィラリア薬を1ヶ月投与するのを忘れた!

フィラリア薬は毎月同じ日に服用させるのが決まりです。ですが、日々の生活のなかで2,3日忘れてしまうことも現実にあります。そのような場合は速やかに服用をさせて下さい。1ヶ月服用を忘れていた場合に関しても、同じくフィラリア薬を服用させて下さい。愛犬が蚊に刺されてフィラリア幼虫が成虫になっているかもしれませんが、急いで血液検査をしたところで、フィラリアに罹っているかの判断は半年経過しないとわからないそうです。それより、これからまた蚊に刺されてフィラリア幼虫が体内に増えるのを防ぐために、フィラリア薬は継続して服用させて下さい。毎月決まった日にフィラリア幼虫を駆除することが大切です。

1ヶ月服用を忘れたら症状はでるの?

フィラリア薬の服用を1ヶ月忘れても、フィラリア幼虫や成虫が犬の体内にいても潜伏期間が長いので、症状は直ぐにでません。逆に言えば、潜伏期間が長いから危険なのです。検査も半年経たないと、フィラリアのかかっているかの判断もつかないので、その間はフィラリア幼虫が犬の体内に増えないように、忘れずに服用させていきましょう。フィラリア薬を服用させている期間はいつ蚊に刺されてもおかしくない状況です。体内にフィリライア幼虫を増やさないようにしていきましょう。幸い、1ヶ月服用させていない間に蚊に刺されていない場合もあります。獣医師に直ぐに連絡をして、その後の対処のしかたを仰ぎましょう。

フィラリア薬の管理は徹底しましょう。

フィラリア薬を最初に服用させる日を毎月1日または月末といった、分かりやすい自分で覚えやすい日に服用させるように管理しましょう。毎年のことですから、同じようにしていけば、忘れることがなくなります。